木城西野塾たより

 今日は木城西野塾の稽古日です。

 大阪道場に7月、8月と2ヶ月連続して行かなかったので、特に木城西野塾の稽古が重要となります。

 

 日々の稽古で新たな気づきを得たとき、稽古で実践できることは大いなる楽しみです。

 教えることは習うことです。

 それを体感してきたが、感謝・感謝です。

 

 今日は新たな気づきをえた稽古だった。

 「対気」の意味を深めた稽古だった。

 

 指導者の気が強ければ当然相手はその気に反応するが、

 対気は一方的な気でない。

 

 「自己と周辺とは一体となり」という言葉どうり気を巡らせば、

 自己に拘ることはない。

 自己が相手で、相手が自己である。

 

 そのような稽古をしていると、相手も自分が反応していることが実感できる。

 その表情は内面からのエネルギーによって弾け、悦びが弾ける。

 今日の稽古は終始弾けた稽古であった。