大阪西野塾2

カレー会

 いつもは水曜日にカレー会をしているが、都合がつかず2名だけのカレー会になりました。

 

 話題は大阪西野塾の今後のことばかりで、閉校が決まったばかりで、

 誰が西野流呼吸法をやるか見当がつかず、当面静観するしかない。

 

 私は西野流呼吸法のおかげで健康で、65才から本格農業に参入できることになり、恩返しをしたいと考えています。

 大阪の仲間のために何かできないかと考え、試案を発表しているが、まだ動く時期ではないようです。

 

 からだをゆるめていればいかなる変化にも対応できると思っています。

 

稽古

 今日は2回西野先生に教えてもらいました。

 

 からだが軽くなり、先生の気を無尽蔵に満たしていけそうに思いながら、宇宙語を語りながら、先生もニコニコ顔で気を送ってもらいました。

 

 からだは気のグラデーションで、このまま宇宙にワープしなくてもいいのではないかと思いながら愉しんでいました。

 

 気が溢れ出してくると身体の中からエネルギーが湧き上がり、重力もなくなりワープしていくのですが、まだまだ無元充足的な感覚になれません。

 

最後の晩餐?

 今生の別れになる仲間と乾杯をし、

 お好み焼き、焼きそば、餃子で晩餐?をとりました。

 

 何時でも会えるやんかと怒られます。

 そのとおりです。

 

 話題は、私の試案を活かして、西野流呼吸法から「撤退」ではなく、

 「手伝い」に向かいました。

 

 その方向になれれば最高の氣の流れになり、

 仲間の気がそうさせてくれそうで、気持よく眠りにつきました。