気楽ウォーク

 連れは大好きなウォーキングをやめ、親戚が集まるので朝から料理をしています。

 

 わたしはいつものように気楽にウォーキング、

 

 日の出が遅くなり、だんだん暗くなるが、「なむあみだぶつ」を唱えながら一人楽しんでいます。