豪栄道優勝

 豪栄道が優勝した。

 とうとうやったね!というとファンのようだが、ファンをやめた男である。

 

 大関になる前はファンであったが、その後の不甲斐なさに腹がたち、

 8勝がやっとであれば、陥落しやり直したらいいと思っていた。

 

 それがあれよあれよと全勝街道をまっしぐら、

 狐につつまれたとはこのこと、

 

 実力はないのかもしれないが、ここぞというときにはやる。

 豪栄道も同じで、大関になったときもそのとおりであった。

 

 横綱になれるかどうかは、本人より難しいと想っているが、

 どうなるかわからない。

 叩かれ叩かれて華がさき、自分の相撲を思い出し、一気に駆け上って欲しい。