あめ

 がむしゃらに動き回ることが健常者のあるべき姿だと、心の隅に不文律のように染みついている。

 なにもしないと後ろ指をさされているような気になり、不安になり、落ち着かなくなる。

 

 それを癒やしてくれるのがあめ。

 雨読がまちどうしい。

 

 今朝から身体は動かしていないが、どうしても怠惰にはなれない。

 しばらく簿記から離れていたので復習をしている。

 何かをしているといまを生きているのだと錯覚する。

 

 ウォークしながら妄想や雑念をしているように、観念の世界に遊ぶことは愉しいが、つねに夢想にとらわれることには耐えられなくなる。

 

 母親はなにもすることがないと嘆き、草むしりに精をだしています。

 おなじ遺伝子です。