簿記便り

 今日は簿記研修の日です。

 第19回目の講義であと2回となり、試験対策の第5問(精算表と財務諸表作成)をしました。

 

 配点も多く時間がかかるところだけにポイントをマスターし、あとは回数をこなすのみです。

 

 論点はマスターしているが、急に忘れていた勘定がでてくるので戸惑うが、理解できているのでそうあわれることはないと言い聞かせています。

 

 精算前整理事項の費用・収益の見越し、繰延べは、論点のところでは仕訳だけを考えていたので、貸借対照表の作成ではその勘定科目となるのにはまいりました。

 

 試験なので当然のことだが、遠い昔の学生時代に還り、体が若返ったようです。