異次元ウォーク!

 日の出が遅くなり、曇り空なので薄暗いなかのスタートになった。

 

 からだは一点の雲もない輝くような青空、

 

 《気が巡るとは》をブログし、昨日のウォークはまさに対気をしたような気分だったので、今日は大いに楽しみにしていた。

 ベルとともに飛び起き、西野の稽古をしました。

 

 からだに気を巡らしながら歩くと、時間から自由になり、いつの間にか比木神社に到着していた。

 

 往路は、気をからだの隅々まで巡らしたが、

 

 神木の母じゃと対気をしたとき、

 「1〜2〜1〜2=丹田〜足芯・百会〜丹田〜足芯・百会」と対気をすると、

 からだから熱い蒸気が立ち上り、母じゃと融合したのです。

 

 神木の勇者との対気は、母じゃで会得した対気をしたが、

 勇者から「1〜2〜1〜2=足芯・百会〜丹田〜足芯・百会〜丹田」と

 思わぬ対気になったのです。

 

 母者のときとは比べものにならないほど、

 からだ全身から柔らかい気が立ち上り、

 笑いがからだからわきあがってきたのです。

 

 故郷に還り9年目ですが、神木から免許皆伝を授けられたと感じました。

 

 復路は、「まーむ〜あみ〜だ〜ぶーつ=足芯・百会〜丹田〜足芯・百会〜丹田」

と対気しながら帰ったが、

 道中笑いぱなしでいつの間にか帰り着いていた。

 

 時間を意識すると短縮・効率を考えるが、

 対気のときは時間は無限に拡がり、一瞬の中にいるのです。