木城西野塾たより

 一番忙しいとき、大好きな木城西野塾の稽古日です。

 

 ウォーキング・対気とおなじ、

 からだ全身をゆっくり意識しながら呼吸法をすると、

 塾生はいつもよりゆるみ、濃密で甘酸っぱい気に包まれていきます。

 

  塾生の目を見ながらゆっくりからだをゆるめていくと、塾生もゆらいぎ、本人は意識してないが、からだからやわらかな気をだし、共鳴しながら融合していきます。

 

 さらにからだをゆるめ、気を足芯・百会から出すと、融合が破れ飛び出していきます。

 笑いながら走り出す人、防御マットにぶち当たり腰から砕けていく人、

 反応は様々だが顔はこの世とはおもわれない満面の笑み、

 

 西野流呼吸法の不思議さは、意識できなくてもからだは認識しているのです。

 87歳からはじめた人がますます若くなり、西野オタクになっていきます。

 

 丹田や指先から気をだすと思っているがやむを得ないことです。

 気は四方八方からでているのです。