あめ

 月曜日からの一週間は、天気を気にせずに過ごしてきたが、

 朝から雨がふっているとどこかホッとする。

 

 今日は《蔵人米》販売開始の葉書を印刷し、

 午後からは住所と名宛をせっせと書いた。

 

 インターネット販売でいいが、やはり地産地消ならぬ、

 わが蔵人米を身近な人・知りあいに食べてもらいたい願望が

 そうさせているのです。

 

 わたしがもらったらどう思うか、相当辛辣な批評をし、

 いつもの田村だなぁと、呆れてしまう。

 

 雨も上がり、上天気になった。

 

蔵人販売開始

 台風が過ぎ、朝夕秋らしくなりましたが

 お元気でしょうか。

 いつも蔵人たむら農苑を応援していただきありがとうございます。

 

 イネつくりをはじめて4年がたちました。

 もみの原種を12月富山県砺波市から取り寄せ、塩水で比重を計り、

 冷水でゆっくり発芽を促し、催芽・発芽機で発芽させ、種まきをし、

 プールで5葉になるまで育て、6月に田植えをし、水管理、畦草刈りで汗を流し、

 8月からポンプで井戸水を汲み上げ、

 台風にも倒れず、黄金色に実り、10月に稲刈りをしました。

 

 遠赤外乾燥機で、ゆっくり乾燥させ、

 今年も《蔵人米・ひのひかり》ができあがりました。

 白米、玄米とも、5キロが2000円(送料別)で

 販売を開始しました。

 

 今年もよろしくお願いします。