味噌樽仕込み

 

 味噌たねを半日寝かせたところで、

 早朝5時から味噌樽仕込みにかかります。

 

 味噌たねはしっとり発酵しているので、このときに樽仕込みをします。

 

 味噌たねをソフトボール大に丸めます。

 味噌たる仕込みは、味噌樽に味噌たねを投げ込みやすいように弾丸にするのです。

 

 

 

 

 味噌たる仕込みは、

 樽めがけて思いっきり投げ入れていくのです。

 

 味噌たねの空気を投げ入れて抜いていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 味噌樽仕込みがおわりました。

 

 

 

 

最後の仕上げは、家の神の仕事です。

ビニールの上に大きな石を乗せ蓋をします。

 

 ひと冬を越し、来年の夏ころには甘くピリッとした《手前みそ》が出来上がります。