からだのじかん

 泣きだしそうな天気で半とき遅らせたら歩ける明るさになった。

 今日は「木城まつり」でなんとか持ちこたえてほしいがどうなることやら。

 

 自己を科学的に解明すると様々な基準を定めなければならない。

 相対的に比較する必要がでてくるから。

 

 歩くスピードを考えると、1キロ何分で歩けるか見れば比較できる。

 競歩では基準は必要であるが、ウォーキングでは意味がなくなる。

 

 氣がからだの内と外を巡りだすと、その時間を測ることができるのだろうか。

 過去/現在/未来という流れがとまり相対化する。

 まさに時間が止まってしまうのだ。

 

 トランス状態になり覚醒するとコントロールできない。

 ときという概念がなくなる。

 

 身体という捉え方は、物理的な対象になり、身体と私は分離するが、

 からだという捉え方は、からだが自分となりからだと一体になる。

 

 覚醒中に意識できる状態になっても、時間を客観的に測定することはできない。

 

 歩くたびに、時間の不確さに遊び、

 時間を意識できるようになると、過去、現在、未来の流れがとまってしまう。