空みてん

 子どもが新しい遊びに夢中になったようです。

 見ていたのでしょうが、見ていなかったのですね。

 

 尾鈴山の定点観測から始まり、移りゆく田園風景、ウォーキングのこと、対気のことに関心が変わり、

今は雲に目が点になっています。

 

 新しい発見!田舎に住みながら夜空を見逃していました。

 

 道中気を巡らしながら雲を見ていると、分類された雲の幾種類かがあることにビックリしました。

 

 空と雲を観て、からだがゆるんだのでしょうか、

 神木との対気が変化し、上がりっぱなしの腕が下りるようになり、

 笑い声は一段と大きくなった。