くもりウォーク

 いままでだったら雨が降りそうな天気という観方しかできなかった。

 

 雲の模様をゆっくり観察すると、雲だらけのようだが、雲の形、高さ、拡がりが実に多様であり、空中が個性ある芸術ということがわかります。

 

ありがたいことで68歳になってこんな感動的なことに出会えたのです。