お里まわり御神幸祭1

 比木神社の大神さまが、今日から明日の2日間、各地区神社へのあいさつと人々の健康・安寧を祈願するために、お里まわりの御神幸祭が行なわれます。

 

 わたしは沐浴潔斎をし、身も心も清め、大神さまのお供をしました。

 

 拝殿での出立式も終わり、神輿を紅白幕で隠し、神輿に移玉され、車に乗られ、高鍋町に出発されます。

 

 宮田神社は比木神社の福智王の妃さまを祀っている神社で、比木神社とは深い縁で結ばれ、以前はこの神社で一泊していました。

 

 ここでは地区の人々と昼食を一緒に取り、何番も神楽が奉納され、ゆっくりと見物します。

 

 その後川上神社、愛宕神社、坂本神社、美年神社、竹鳩神社、八幡神社をめぐり、神楽を奉納し、直会をして、7時ころ今日のお泊まりの菅原神社につき、神楽を奉納し、直会をして今日の日程がおわります。

 

 比木神社の神職1名、総代2名が大神様をお守りして泊まり、

 地区の有志との直会は夜遅くまでつづきます。