木城西野塾たより

 還ってきました。

 

 9月22日にビニールハウスから落ち、肋骨を6本骨折し、肺の内出血を摘出するほどの大怪我をした塾生(82歳)が前にもまして元気な姿で稽古にきました。

 

 今日から11月の木城西野塾の稽古です。

 

 あまりに早すぎる復帰に全員唖然としました。

 退院して仕事はしていると聞いていましたが、稽古に来るとは予想してなかったので、うれしかったです。

 

 本人もこのような奇跡的な回復は、すべて西野流呼吸法のおかげと言っており、周りの人から質問され、西野流をしていると説明したそうです。

 

 呼吸法が始まると、全ての気が喜びを表すように、道場が一体になっている光景に嬉しさくなりうっとりしました。

 西の流はほんまもんやと確信しました。

 

 対気も呼吸法からの流れと、新しい対気を試みたせいか、いっぺんに明るくなり、弾けるような悦びが飛び交いました。

 

 復帰した塾生には3回ほどは飛び出さないように防御しながらの対気だったが、

 本人からも大丈夫ですという申し出があり、通常の対気をすると、畳に2回転して大きな音をだして転げる反応にきゃーという驚きの声が上がりました。

 

 あっという間に対気もおわり、新鮮で楽しい稽古でした。