トランプ氏の勝利について

 農作業をおえ、誰が大統領になったのかテレビを見ると大接戦だった、

 アメリカ白人は本気で怒りだし爆発しているなと想った。

 

 世界中で一番自由の国であり、なんでもあり(大麻吸引法など)の偉大な国家と想っていたが、

 トランプ氏の主張を聞いていると、言ってはいけないことを公言し、そんなことが許されるのかと耳を疑うことだらけで、

 アメリカ国民はそんな非常識で政治のド素人を大統領に選んだ。

 

 わたしは日本人的視点でしかアメリカを見れないが、アメリカ人が無能だとは想えない。

 イギリスのEU離脱も経済的な見方しか論評されていないが、ほんとうに大変な選択をしたイギリス人、アメリカ人が日本人より愚かと決めつけることはできない。

 

 アメリカファーストをトランプ氏が叫び、それに賛同した国民の選択を侮ることはできない。

 

 トランプ氏が日本の民主党のように化けの皮が剥がれるかどうかは見てみないことになわからない。

 今は静観し、安倍首相が行動したように、相手の出方を確かめる方法しかない。

 

 世界を牽引しつづけているイギリス、アメリカの大国が、想像を超えた選択をした事実は重く受け止め、共産国が消滅した後の世界がどうなったのかをゆっくり考えると、あながち選択が間違っていたようにも想えない。

 

 ピンチの後にチャンスありは、イギリスやアメリカだけでなく、日本にも当てはまることなのだ。