しって米3

 たわわに実った「しって米」を刈払い機で刈っていくのは大変な労力だが、

 今日も午後8時半から作業を始め、2300平方メートル(2.3反)を2時間で刈り上げました。

 

 四日目で慣れたこともあるが、丹田を振ると刈払機がひとりでに動き、両手はそれを制御するだけ、面白いように楽に刈ることがきました。

 

 村の人は稲刈り後トラクターで耕し、そのあと草が生えてきたら耕うんするので、わたしのように刈払い機でしって米を刈ることはしない。

 

 わたしが耕さず、刈払い機で刈り取るのは、

 耕さない田んぼでは根回りの根穴構造が発達すると、真菌がグロマリンというタンパク質を作りだし、コメの食味が良くなるのです。

 

 面白くなり、更に次の田んぼに向かうのです。

 

 

 午後11時から3反の刈り取りを始めました。

 

 東風が強く、地面が荒れたところもあり作業に手間取りましたが、

 刈払機が勝手に動くのでそれに乗せられ、午後2時までに2反を刈り取りました。

 3時からは氏神祭りのゴビ竹取りの作業もあり中断したが、

 今日一日で4300平方メートルを刈りました。