月と雲

 「絶景にほんの月の夜」をみていたら、

 月を人生になぞらえて見ている京都人の話がでていた。

 

 雲を夜に見るにはどうしたらいいのだろうかと想っていたが、

 月がでれば雲が分かることがわかった。

 

 にほんでは、月が主役で、雲は脇役、悪役という認識だが、

 月の明かりで雲の姿をキャッチすることができる。

 

 雲がわかれば、心象が想像できるのはありがたい。