裸祭り2

ほ〜い ほ〜い🎉

 小雨の降るなか、今年は余裕があるのか不敵な笑みをみせながら拝殿に向かう。

 

 大神さまに「二礼・二拍手・一礼」の安全を祈願し、「ほ〜い、ほ〜い」と掛け声をかけながら、比木橋下の蛇渕まで小走りにかけていきます。

 

 川に清めの塩をまき、ゆっくりと入り、頸まで浸かり祈願をします。

 その間膝の震えが止まらない。

 

 

「ほ〜い、ほ〜い」と掛け声を出しながら帰り、社殿を3周し、大神さまに無事帰還した報告をして祭りは終わらない。

 

 腰に巻いたしめ縄を鳥居の柱に縛りようやく裸祭りが終了する。

 

 

 

おでんとぜんざい

 雨が降ってなければ若御子神社のまえで薪を燃やしながら、お神酒、おでん、ぜんざいをいただき、神楽を見ます。

 

 今年は拝殿に上がり、のんびりとごちそうを堪能しました。

 

比木神楽

 子供神楽の「将軍の舞」、「手仕舞い」が舞われて神楽はお終いになるが、

 裸祭りだけの「柴舞」が舞われるが、この舞は「盟神探湯(くがたち)」を表す舞なのです。