オリーブ巡回指導

 年2回九州オリーブ協会の技術指導員がオリーブ農家を巡回し、

 オリーブの生育の問題点を指導してもらいます。

 

 木城町は「オリーブの里」を町興しの起爆剤として2000本のオリーブを植樹し3年目になるが未だに果実はつきません。

 

 17件の農家のオリーブを見せてもらったが、Aランクが3軒、Bランクが2軒、Cランクが10軒、Dランクが2件という状況です。

 

 一朝一夕にはいかないことはわかっているが、知識が増えるごとにオリーブ植樹の難しさを学びました。

 

 オリーブ農家は、木城町の外輪に点在し、山深い道を駆けずり回り最後の指導が終わったのが5時過ぎでした。