雲を見ながら

 チラッと見える青空を覆っている雲を追っていくと、ウォーキングしていることを忘れるぐらいワクワクしてくる。

 

 ふと“きぼう”が思い浮かび、今日の青空のように雲に隠れて僅かな明かりのようなものをいうのではないか。

 

 

 希望が広がり爽やかな青空が広がり、まだら雲が激しく移動していく。