大弊(たいほう)札配り

 比木神社の神事もつつがなく終わり、後の祭り(片付け)が残っています。

 宮司、役員は高鍋町、木城町から寄付をいただいた人にお礼を兼ねて、大弊札を配ります。

 

 あさ9時から3時30分までかかり、神社に帰り、配線、しめ縄、幟旗を片付けると5時になります。

 

 寄付をしてもらった人から札が配られてないがどうしたのかというお叱りも受けますが、事情を話し納得してもらいます。

 

 雨が降ったので、山とコンパネ板の片付けが残っているが、明日には後の祭りも済みます。

 

 毎年比木神社の祭りは、神事、後の祭りも丁寧に行われます。