大豆葬式完

 ゴミを風で飛ばし大豆を選別する唐箕で、大豆を選別した。

 

 古色蒼然とした手回しの機械であるが、まだ現役として活躍しています。

 

 大豆の量が少なかったので、短時間で作業は済んだが、量が多いと労力が大変です。