初霜

 一面に初霜が降り、長門市の吹雪も嘘のような、満天のそらです。

 

 指先だけが痺れていたが、

 歩いているうちに暖かくなり、ゆるめるほどに冷気と一体になっていく。