温いウォーク

 冬スタイルが恥ずかしくなるような暑さです。

 

 汗が噴出すほど、宮崎は天国です。

 

 青空だけの日にはどこか胸騒ぎを感じることがあるが、幾重にも重なった鉛色の雲を見ていると、なぜか落ち着くのです。

 

 わずづつ変化しているが、それを感じさせない重さです。