水音

 零下対策のため、田んぼの井戸水を流し、温かい地下水を還流させ凍りつかないように毎日点検しています。

 

 不耕起栽培のイネつくりは一手間ふた手間かかるが、

 蔵人米を待ち望んでいる人やこれからのイネつくりのあり方のために、

 ゆっくりゆるめてやっています。

 

 春はもう足元までやってきています。

 温かい井戸水に触れながら実感しています。