行ウォーク

 ウォークとかウォーキングというと

 軽いノリのスポーツを意味する。

 

 歩くことは四足歩行から二足歩行へ、

 大脳辺縁系から大脳皮質の前頭葉へ、

 精神活動の原動力を司ってきた。

 

 毎日10キロを歩いていると、

 修行者の心持ちになる。

 

 単調な道のりをどのように楽しく歩くか❓妄想が湧く。

 行、大上段に構えることはないが、

 足芯が大地を噛むようになるには一朝(一夕)にはいかない。