お鈴の口開け祭

初神楽

 旧暦一月五日正月に初神楽を舞う祭りがお鈴の口開け祭です。

 

 一番の宮神楽では、この祭りのときだけ舞人が歌いながら舞います。

 

 あらたまる 年の始めの初神楽 舞うや真袖の 静なりけり

 あらたまる 今朝の鳥居の初烏 さぞ慶びを 告げや宮人

 

 鬼神の舞、手力の舞と初神楽がしずしずと舞われます。

 

 この祭りで比木神社の平成28年度の九つの祭りがすべて斎行されました。

 

 

お祓い人形

 初神楽が厳かに舞われているとき

 

 橋口清文宮司は村人から託された

 大祓の人形(ひとがた)の名前を呼びあげていきます。

 

 全ての名前が読み上げられると、

 人形は以前は比木橋の下で流されていたが、

 祓い焼きの中に燃やされます。