木城西野塾たより

 今日は木城西野塾の稽古日です。

 

 神門から帰ってきてもう一週間経ったとは思えないぐらいです。

 稽古にしろ、ウォーキングにしろ、仕事にしろ、

 今をどうすればいいのかだけを考えながら生きている。

 

 呼吸法を稽古をすればするほどいろんなことがわかり、

 楽しくて興味が尽きない。

 

 一人でする稽古は哲学であり、

 弟子との稽古は問答である。

 

 同じことを繰り返しているが、川の流れのように同じにあらず、

 立ち止まりながらゆっくりと眺めるといつも変化している。

 

 このブログも、同じようでいていつも変化しており、

 永遠に変化し続けていくだろう。

 

 

 さて今日は一人欠席だったので、

 さらにゆっくり確かめながら呼吸法、対気をした。

 

 吐きながら気を出し、吐きながら気を吸うと、

 よりからだが反応し、同一体になり、ゆるんでいく。

 

 無意識に気をだし、吸うことができるようになれば、一層ゆるんでいく。

 手の甲と甲との電線から無線、光ケーブル、Wi-Fiとすすんでいくと、

 遠隔交信ができる。

 

 木城西野塾は今Wi-Fiの実験中で、その反応は強度を増しつつある。

 高齢者の身体能力の奇跡的なアップを見れば一目。