モモ

 牛に引かれて光善寺詣りではないが、

 中二の孫の誕生プレゼントにミヒャエル・エンデの「モモ」を読んだ。

 

 なぞなぞ

 三人きょうだいが、ひとつ家に住んでいる。

 ほんとうはまるですがたがちがうのに、

 三人を見分けようとすると、

 それぞれたがいにうりふたつ。

 

 一番うえはいまいない、これからやっとあらわれる。

 二ばんめもいないが、こっちはもう出かけたあと。

 三ばんめのちびさんだけがここにいる、

 それというのも、三ばんめがここにいないと、

 あとの二人は、なくなってしまうから。

 

 でもそのだいじな三ばんめがいられるのは、

 一ばんめが二ばんめのきょうだいに変身してくれるため。

 おまえが三ばんめをよくながめようとしても、

 見えるのはいつもほかのきょうだいの一人だけ!

 

 さあ、言ってごらん、

 三人はほんとうは一人かな?

 それとも二人?

 それとも だれもいない?

 

 さあ、それぞれの名前をあてられるかな?

 それができれば、三人の偉大な支配者がわかったことになる。

 三人は大きな国をおさめている

 しかも彼らこそ、その国そのもの!

 そのてんでは三人はみなおなじ。