やぁっと逢いました

 「気」は翻訳不可能だが⁉️

 貧弱なボキャブラリーで表現してきた。

 

 とうとう逢えた。

 紫田南雄作曲『追分節考』と《ゆく河の流れは絶えずして》だ💞

 

 「気」は“交響曲”のイメージで、

 西野皓三先生の気こそ、まさに交響曲だと直感していたが、

 西洋音楽の交響曲とぴったりこない。

 

 

 山田和樹指揮の『追分節考』と《ゆく河の流れは絶えずして》を聴いて

 「 気” ‘ 気】〔 気 )‥ ‥・  ‥《気 }・ ‥〈 気気 気 〕・

 

 日本民族は太古から気を感じながら生活してきた。

 バラバラながら調和している。