寒もち

 立春・雨水が過ぎ啓蟄になる時期に

 寒もちはないが、

 

 ①じゃこ・ゴマ②桜エビ③黒豆④黒砂糖を入れてついた寒もちは、

 

 彩も楽しく、焼くと匂いと舌触りで

 サンドゆすられる。

 

 

 もちをついて食べる人が少なくなったのか、

 「ひのひかり」の玄米・白米は売れるが、

 「岩戸もち」は売れず、潤沢に「赤飯」「甘酒」「もち」を食べている。