三百三十八柱

 今日は木城町戦没者慰霊祭が行われました。

 

 木城中学校三年生の「三百三十八柱」の歌声が、

 城山(じょんやま)いっぱいに響き

 英霊を鎮魂しました。

 

 

 

 この歌は2年前に木城町総務課長の中村宏規さんが作詞、作曲したもので、

 今年歌碑が建立され、

 中村さんからこの歌に込めた三つの思いが披露されました。

 

 「感謝、不戦、承継」の三つの思いを末長く歌い継いでもらいたい。