木城西野塾たより

 今日は木城西野塾の稽古日です。

 

 久しぶりに全員参加の稽古になり、一段と賑やかな稽古になった。

 

 肩や掌がチリチリするがどういうことなのかという質問がでた。

 気は電流、波動であり、ゆるんだときそういう現象がでるが、

 皮層の下の筋膜に伝達した段階で初級現象なのです。

 

 丹田、百会、足芯の一元が熱くなったり、チリチリとするのは、

 ゆるみだした現象であるが、

 それは点だけであり

 点から線へ、そして面と拡がり、流れとなり、

 水源のチョロチョロとした流れ、

 中流のザワザワとした流れ、

 下流の滔々とした流れになっていく。

 

 一元充足(丹田、足芯、百会)、その他に脳、頸、胸、腰、腿、膝の一元

 三元充足を自由自在に感じられるようになると、

 多元充足の段階になっていく。

 

 どの塾生もゆるんでいるが、

 なかなか一元充足を感じることができない。

 

 慌てずゆっくりやっていくしか方法はないが、

 声出しバージョンで天遊、華輪を行い、

 特に華輪は八の字を正逆に振れるようになれば

 どの部位でもたやすく充足できるようなる。