田植え日延べ

 予報をみて今日は田植えはしないと決めていたが、天の差配は複雑なもので夜半からまったく降らず、起きてみると田植えできそうな気配であった。

 

 そう慌てることもないし、機械の操作のおさらいをする機会でもあり、じっくり勉強していると大粒の雨が降り出した。

 

 少々失敗はするだろうが、やれることをやるしかないのでそう不安はない。

 今年は不耕起栽培の一里塚であり、長年恋い焦がれた不耕起用田植機をゲットし、使用できるのだからこんなありがたいことはない。