田植顛末記2

 今日も3反の田んぼの田植えをしたが、全くの手直しもなく、見事な田植えとなった。

 

 確かに昨日で操作は慣れたが、それでこれだけ完璧な田植えができるはずがない。

 特に枕地(隣接に方向回転地)は凸凹だが、跡形もなく植え付けられている。

 

 まさに不耕起田植機が素人にもプロ並みの田植えをさせたのです。

 不耕起といいながら苗を植付け前に丁寧に耕すので、

 凸凹でも、水がなくても綺麗に植え付けられるのです。

 

 恋い焦がれて5年間待ちゲットしたが、

 田植機に恐れ慄き、悩んでいたことをずっと側から見ていて慰めてやりたかったが

 やっと田植えのとき見せてやることができたのです。

 

 中古品ゆえ取扱説明書もなく、途方にくれながら知恵を働かせ、

 基本の田植機の説明書で勉強し、わからないとことはイセキに質問し、

 最後は田植機を信じてくれた恩返しというのは出来すぎでしょうか。

 

 こんな経験は農業を始めてから何度も経験しているのです。

 わからなくてやめたいと思うが、信じてやっているとどうにかなるのです。