補植

 田植えが上手くいくと現場に行くのが苦痛でないだけでなく、

 植わってないところが気になる。

 

 田植機が古いと四隅が植えられないので、手植えで補植をすることになる。

 補植しなくても穫高は変わらないという実験があることも知っているが、

 キレイに揃えたいという美意識が働く。

 

 どうにかスタートに並んだようだ。

 百姓の気持ちがちょっとだけわかった。