こどもの日

 朝からあめ、

 茶葉には晴れるまで待ってもらいます。

 

 祝日はサンディ毎日だから気にしない。

 こどもの日を思いだす。

 

 粽ならぬ「あくまき」と落雁の鯉たち

 ゆっくりながめ味わう

 

 自家製釜炒り茶をあじわう。

 慌てず味わっていたら

 顔を覗かせ出番ですよ

 

 ようやく茶葉のお出まし。