歩苦会

木城歩苦会会長の笑顔

 今日は歩苦会(78)と木城歩苦会(8)合同で、

「木城新しく村周遊コース」を歩きます。

 

 

 参加者は13名で、歩苦会の滝口会長、岩井事務局長が欠席で残念だが大いに盛り上がっています。

 

 26キロの健脚向きで、毎回完走者は若干だが、石河内の山川を歩くコースで、

森林浴をしながら起伏ある山岳趣向もあります。

 

 集合時間前に木城歩苦会田村会長の表情を撮りました。

 

 執着心がなくなった顔に見えますか。

お茶の時間

 日々新トンネルと抜ける(10キロ)とお茶になります。

 ゆらら温泉を7時出発し、9時20分に到着

 

 ジュース、ビール、ワイン、お菓子も笹団子、ボンタンアメよりどりみどり

 鹿遊(かなすみ)茶屋でそばを食べるのでそこそこで出発

 

道すがら

 友情トンネル、芸術作品、余裕綽々で鹿遊茶屋に到着

 

 蕎麦を食べ、

 胸突き八丁の小屋町峠を登り、坂を駆け下りていくコースだが、

 その醍醐味を堪能する健脚は少ない。

 

 今年は酒豪の会長、事務局長がいず、鹿遊茶屋でビール、焼酎を飲まなかったので

 チャレンジャーが多かったが、完歩できたのは3名だけだった。

 

メニュー選び

 満腹なのかメニューがなかなか決まりません。

 力ぞば、ゴボ天蕎麦、山菜蕎麦、ざる蕎麦、ミニうどん・ビールに決まり、

 

 慌てることなく、ゆっくりとそばを堪能しました。