靄で尾鈴山が見えないが、

 気象と反対にからだのキレは青天です。

 

 青天の霹靂という言葉があるように、

 からだが硬く支離滅裂なときもある。

 

 まさに一日一生です。

 素粒子をどう感じどうとらえるかということでしょう。