巡り逢い

 いつも不思議に思うことがあるが、

 全然興味がなく、めぐり逢うことがあり得なかったことが、赤い糸に結ばれていたことがあります。

 

 ルドルフ・シュナイダーの「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」という110年前に書かれた本に巡り逢いました。

その感覚が日常繰り広げられていまるす。