木城西野塾たより

 今日は木城西野塾の稽古日です。

 

 農作業は大変だが、使った機械の掃除がそれ以上の労働になります。

 稽古日ということをうっかり忘れウイングモアの掃除をし、もうひと仕事と思った時、

 稽古日を思い出し慌てました。

 

 ありがたいことにからだをゆるめるとエネルギーが溢れてくるから幸せです。

 稽古前に、藤井聡太くんの話をすると、20連勝!と話が盛り上がりゆるみます。

 

 ルドルフ・シュナイダーの話からゆるむ話になり、

 「気がひとりでに動き回ることがゆるむこと」と説明してもチンプンカンプン。

 「呼吸法」と「対気」を稽古し、自分で気づくしか方法はない。

 

 日常生活のいかなるときも「華輪と足芯呼吸」でゆるむようになると、

 塾長との稽古で共鳴的にゆるむ体感を得るのです。

 塾生の言う「対気をすると風船のようにからだがなります」が気づきです。

 

 ゆるむことによって精神生活に時空の拡りを感じるようになると、

 物質生活に固執しなくなり、自我に左右されない生活を体感することができます。

 

 塾生がゆるむ感覚を会得するには稽古しかないが、道場の稽古で共鳴できるのです。