へそ曲がりダイズ

 摘芯・断根から4日目、山場が過ぎはっきり成長の有り様が見えてきました。

 自家製ダイズはほぼ全滅、細い糸を手繰り寄せたいが、現実にはうまくいかない。

 

 鶴の子ダイズは福豊ほどの元気さがなく、一箱に5分(3本)ぐらい枯れている。

 その原因は子葉が伸び過ぎて摘芯・断根をしたためダイズの養分を使い過ぎたようだ。

 

 原因がわかっていても作業ができない時もあり、思うようにいかないものだ。

 苗はりっぱに育ち移植後も青々と育っても、

 多収穫にならない年が続いており、ひとなわにはいかない。

 

 へそ曲がりダイズ栽培法は、岩澤信夫先生が栽培法をオープンしマニュアルもあり、

 講習も受けているが思い通りにいかないから不思議だ。

 原因が分かるまでトライ続けます。