西野流と指圧

 呼吸法と指圧は「つぼや経絡」と繋がりがありそうです。

 気はつぼや経絡は直接に刺激はしないが、

 からだに気がめぐると反射区を間接的に刺激し、

 ゆるんだからだになっていきます。

 

 私は西野流呼吸法を稽古し始めて、

 甲田光雄先生の「断食」、西勝造先生の「健康法」とめぐりあい実践しています。

 

 それまで指圧に興味がなかったが、

 官有謀先生の「足心道」を知り実践し、

 西野流呼吸法を活かした西野流足芯道を会得しました。

 

  92歳の母が炎暑でエネルギー不足になったとき、

 熱中症気味になり気力が萎えてきました。

 

 そこで西野流足芯道の指圧を週3回施術したところ全身に気がめぐるようになり、

 足芯がポカポカとなったが、高齢のため一遍には回復せず、徐々に充足しています。

 

 気力が萎えてくる症状は、

 からだが硬く、気の通りが悪く、腸、腎臓、大脳の機能が衰えていることが

 指圧をするとわかります。