陀羅尼助考

 常日ごろはあまり食べないのに、

周りに刺激されて食べ過ぎることは誰にもあることです。

 

 子どもたちも同じで、一切制限しなかったら途中で腹が痛くなり、苦痛を訴えたので、吉野の陀羅尼助丸を飲ませたら全快し、それからもよく食べ調子が悪くなる前に陀羅尼助党になってしまった。

  

 そんなことを繰り返すと、自分で制限するようになった。

 

 長距離ウォークやトランポリン、バトミントンで腰や腕が一晩で痛くなるのも子ども。

 

 

 

 トランポリンを差し控えたので腰が痛くならなかったが果たしてどうか。

 腹痛ならすぐにわかるが、筋肉痛は二日、三日後にでてくるのでまだわからない。

 

 わかっているけどやめられない。

 孫をみているとその素地は幼少のときから、生まれつきあるようだ。