凡夫の幸せ

 35℃の極暑が何日か続くと、グロッキーだ、異常に喉が乾くと騒いでいればいいが、

 羽生三冠や中学生の藤井四段は、八月に8回も7回も真剣勝負をしているのです。

 

 負けると弱くなったと騒がれるが、羽生三冠は20年以上7割の勝率を上げているからたまげるばかり、藤井四段もその後を続くことになることでしょう。

 

 凡夫は名誉も地位もないかわり、批評されることも注目されることもなく、

 気ままな人生であり、悩みは天才並みに持っているのです。

 

 才能は不平等でありながら悩みは平等なのです。

 棋士は勝てば勝つだけ幸せかというとそうでないところが面白い。

 

 20年前は輝ける星であった棋士も今ではお払い箱になり、窓際族になっています。

 凡夫はそういう絶頂期を味あわなかったが、悩みは無限大に持っています。

 

 天才が幸せか、凡夫が幸せか誰にもわからない。